性別ってなんだっけ

全然こっちほったらかしにしていたな、七嶋です。

なんか今後はもうちょっと気楽にブログ書こうかなと思う次第です(思っているだけで、そうする余裕があるかはまた別の問題なのですが……)。

さて今回は度々している性別の話。

重複してたら済みませぬ。思ったこと思ったことを書いていく感じで。

僕はしばらくずっと在宅の人なので、まーじで外に出ることが少なくて。出ても買い物くらいで、長いこといないというか、まあこのご時世の影響もあるんですけど。

そうすると、びっくりするくらい身体性別を意識する場が減ります。

例えば同僚との軽い雑談がありません。

「七嶋は女性社員」という前提のもとの話が振られませんし、そもそも「男性だから~」「女性だから~」という話自体耳にしなくなります。

次にお手洗い。

基本的に長時間の外出をしていないため、男女に別れたトイレを使う機会がぐんと減ります。先日久しぶりに遠出をしたとき、まあ動物園に行ったんですけどトイレに、子供向けなのでしょう「おんなのこ!」「おとこのこ!」とものすごく分かりやすくなっていて、正直どちらに入ったらいいのか分からなくなりました。

僕はいわゆるメンズショートの髪形をずっと維持していて、そんでもってユニセックスな格好をしていて、それはどう見られたいとかではなくて僕の好みの問題なんですけれども、……まあどうみられるのかは気になってしまいますよね……。お手洗いとかそういうセンシティブな場所では……。

意識させられないと、ほんとに自分がどっちかってよく分からなくなっていくんですよね、僕。そういう外側からの枠組みが少くななると、自分の中ではもともと曖昧なのか、重要度が低いというのか、「おと、こ……、おんな……?」ってなっちゃう。

語弊を恐れず言うなら、なんか、どうでもいいことになってきていると言いますか(とか言いつつ最近身体違和って何だろうと思っているので、その話も近々)。

どっちに入るのも気が引ける。混乱させるだろう外見をしているので、なんだか申し訳ないという気持ちも強いんですけど。まあ、無難なので女子トイレに入るんですがね。

ところで動物園でふとふと考えることって言うのがあって、動物が雄雌に分けられて飼育されていたり、繁殖エリア、子育てエリアって分けられていたりしたんですよね。

それに対して、思うところのある子たちっているのかなあって。

生存本能とか、ちょっと生物学に明るくないので(今度時間があったら調べてみよう)あれなんですけど、それで異性と認識した個体と繁殖を試みるわけで。トランスの個体ってきっといるけど、見えないだけなんだろうなとか。aceの個体、同性愛の個体もそうなんだろうなとか。

人間側からすると繁殖成功した方にばかり気が行くから、まるで存在しないようにされているんだろうな、と。

性別とか、それに付随した行動というのは、多数派とか傾向とかはあれど、きっとどこの世界でも明確じゃないんだろうなぁなんて。そんなことを考えたのでした。

それでは。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次の記事

僕はどう生きるか