地裁判決でおもふこと

先日、札幌地裁で初めて同性婚を違憲とする判決が出ましたね。

まだ地裁はありますが、この判例が出たことは大層意味を持つのだろうなと思います。道のりはまだ長いだろうけれど、活動を続けてこられた方々へ拍手を。

さて一方、隅っこで生きるぼくがちょっとだけ思うことがあります。ちょっとだけね。

どうしてもこの盛り上がりの中でちらつくのが、世間一般の持ち上げる「愛」というもの。

結婚は幸せのひとつの形、選択肢のひとつ、そうは分かっていても、「愛する人と生きることは幸せだよね!」と、なにか有無を言わせぬ圧力を勝手に感じて、もにょっとしていますw

僕は身をもって理解はできないけれど、もちろんそこから幸福を得る方がいるというのは分かっています。なんとなくこのニュースに肯定的な人の中に、漠然と「愛」を絶対視している人がいて、それを押し付けられているような、いや分かっています、被害妄想です(笑) でもそんなものを勝手に感じて、少しモヤつく自分がいたりします。あんまり大きな声では言えないけれども。

まあ、かくいう僕も、仮に誰かと生きるような選択をする日がきたとき、相手が戸籍上は異性でないと「結婚」という選択ができないのは変な話だなと思っていたので、いろんな選択肢を増やしてくれることになるだろう、このニュースは嬉しいものです。

現代日本で誰かと生きるってなったら、僕は戸籍を変えれば結婚はできるのか、とまで考えたりもしました。戸籍上の性別には拘らないけど、でもそのために今の日本では適合手術が不可欠で、それはうーんなかなか、ハードルが高い。

「同性婚」は同性愛者同士の結婚以外にも、適合手術を受けていないTの恋愛指向ヘテロの方の結婚、僕も関わってくるかもしれない友情結婚の在り方の拡大、そんな新しい選択肢を生み出してくれます。

それによって人それぞれの望む生き方がしやすいようになったらいいなと思いまし、そのために活動を続けてきて、実現に近づく結果が出たことをめでたく、そして嬉しく思うのも本当です。

もうぜんぶぜんぶ取っ払われればいいのにね。

覚書まで。それでは。

追伸・改装の野望はまだ抱いています。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

サイト、改装したいってさ