アセクシャルとは?

はい、前回に引き続き用語説明をしていきます。

アセクシャル(無性愛者)とは広義的に「他者に対して恒常的に性的欲求を感じない」人のことを指します。よく間違えられるのは「性欲がない人」ですが、これは無性欲という別のセクシャリティに分類されます。アセクシャルに性欲の有無は関係ないよって話。

なので性欲のあるアセクはいますが、単に他者とそれを解消することを希求しないという点で違うという感じですかね。あとは、他者に性的魅力を感じないとかそういう感じかな。ただ行為ができるアセクもいます。自分は望まないけれども、受け入れる分には平気、ということですね。

もちろん性的なことが全面的にアウトな方もいます。ただそれは「性嫌悪」というまた別の文脈で語るべきなのかなという気が僕はします。

ややこしいですが、まあ一言でいうと、アセクにもいろいろあるよってことです。

僕は性的コンテンツはやや苦手ですが映画や漫画でそういうシーンが出てきても問題なく見られます。が、他者に性的魅力を感じないし、自身に性的欲求が向けられるのは寒気がするし、行為に至っては勘弁してくれ、というタイプですね。

さて、アセクシャルとセットでノンセクシャル(非性愛者)について聞いたことがある方もいらっしゃるでしょう。こちらは「他者に対する恋愛感情はあるけれども、アセクシャル」ということになります。

恋愛感情のあるなしを比較してなしを「アセク」ありを「ノンセク」と呼ぶという感じです。このとき使われているのは狭義的な意味でのアセクシャルになります。

恋愛をロマンティック、性愛をセクシャルを区別して

  • アセクのことを「アロマンティックアセクシャル」
  • ノンセクのことを「ロマンティックアセクシャル」

と呼ぶ流れが最近あるようです。僕は分かりやすいなと思います。これで言うとマジョリティの方は「ロマンティックセクシャル」に分類されるわけです。

で、僕は恋愛感情を現在持ち合わせていないため「アロマンティックアセクシャル」ということになります。

ざっくりとした紹介はこんな感じで。

なおこれは僕が現段階で調べて理解してる内容です。必ずしも正しいわけではなく、また時が経てば変化するものでもあります。悪しからずご了承ください。

それでは。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

Xジェンダーとは?